top of page

印刷・パッケージ製造におけるエネルギー効率

ケーニッヒ&バウアー、総合的なエネルギーマネージメントを実現する業界特化型ソリューションを発表

  • 企業内の全エネルギー消費量データを収集し、可視化するデジタルソリューション

  • 製造工程におけるすべて要素を分析・活用することで、持続的な節約が可能となり、ビジネスコストと生産コストを削減することが可能

  • ドイツ、オーストリア、スイスでは2022年利用可能に、2023年から世界展開へ

  • 私たちは、持続可能な生産プロセスを企業責任と考えます

  • エネルギーマネージメントは私たちのグループ戦略「Exceeding Print(印刷を超えて)」と一致しています

VisuEnergy X ソフトウェアは、個々の機器のエネルギー必要量を記録し、可視化することができます。


2022年10月4日 ビュルツブルグ 地球規模の気候変動、資源不足、エネルギー価格の高騰の現状において、持続可能な行動は社会的責任の問題であるばかりでなく、経済的にも大きな意味を持ちます。ケーニッヒ&バウアーは、印刷・包装業界向けに開発された最適なエネルギー管理システムにより、世界中のお客様の省エネおよびコスト削減を支援します。


社会的課題としてのサステナビリティ

ケーニッヒ・アンド・バウアーは、印刷業界とともに、持続可能な印刷の実現に向けて大きな影響力を発揮しています。ケーニッヒ・アンド・バウアーのCEOであるアンドレアス・プレスケ博士は、「サステナビリティは、現代における最大の課題です」と述べています。「200年以上の歴史を持つ企業として、未来の世代に対する責任ももちろんあります。ケーニッヒ&バウアーは、エネルギー効率の高い機械の開発と並行して、環境に優しい消耗品や生分解性印刷素材の使用を長年にわたって支持してきました。しかし、二酸化炭素排出量を削減するためには、現場の設備から建物のサービスや設備に至るまで、生産施設全体のエネルギーを把握することが有効です。

ケーニッヒ&バウアーのエネルギー管理ソリューションは、自動データ記録、分析の可視化、適切な対策(の3つの要素で構成されています。


デジタルソリューションによる省エネルギー

今日のデジタル技術は、エネルギー消費データの記録と可視化を容易にし、その結果、その削減の可能性を現実のものにします。ケーニッヒ&バウアーの新しいエネルギー管理ソリューションは、これらの機能を印刷・包装業界特有の要件に合わせて最適化したものですが、他の多くの分野でも同様に使用することが可能です。その中核となるのがエネルギー管理システム「VisuEnergy X( ビジュエナジ―エックス)」で、受信した消費電力データを自動的に処理し、わかりやすい構造で個別にカスタマイズ可能なダッシュボードに表示します。VisuEnergy Xは、機械に接続されたすべての機器の消費量を記録し、この消費量を生産量との関連で分析し、1000枚あたりのエネルギー消費量などのジョブ固有のパラメータを計算することができます。また、エネルギーデータだけでなく、温度や湿度などの生産に関連するパラメータを含むようにシステムをアップグレードすることも可能です。


ケーニッヒ・アンド・バウアーのエネルギー管理ソリューションは、消費電力データの自動記録、分析結果の視覚化、適切な対策の提示、専門的なエネルギーコンサルティングの3つの要素で、生産の効率化を可能にします。ケーニッヒ・アンド・バウアーのデジタル化担当プロダクトオーナーであるマイケル・ビラは、「VisuEnergy Xによって、お客様は平均で7~10パーセントのエネルギー削減を、しかも通常1年目から持続的に達成することができます」と述べています。

デジタル化担当プロダクトオーナーのミッチェル・ビラは、新しいエネルギー管理システムの立ち上げを担当しています。"VisuEnergy Xにより、お客様は平均で7~10%の持続可能な省エネを達成することができます。"



すぐに効果を発揮する製品として発表します

ケーニッヒ・アンド・バウアーは、このエネルギー管理システムをSaaSソリューション(サービスとしてのソフトウェア)として、サブスクリプション方式で提供します。このシステムは、まずドイツ、オーストリア、スイスのお客様を対象に、すぐに利用することができます。その後、2023年初めに全世界に展開される予定です。このシステムはDIN ISO 50001に準拠して認証されており、ドイツ連邦経済輸出管理局(BAFA)のエネルギー効率化補助金の対象となります。

このエネルギー管理システムは、ケーニッヒ・アンド・バウアーの新しいデジタル部門が開発し、市場に送り出す最初の製品です。これは、持続可能性と効率性の向上を目指すお客様をサポートするデジタルソリューションを提供するという、印刷機メーカーのコミットメントを明確に示すものです。ケーニッヒ&バウアーは、グループ全体の「Exceeding Print(印刷を超えて)」戦略のもと、持続可能性とデジタル化の2つを企業活動の中心に据えており、これによって、現代の最大の課題と原動力を結び付けているのです。


本件に関するお問い合わせ先

Koenig & Bauer JP株式会社

TEL 03-5623-3004 FAX 03-5623-3006  E-Mail info@kba-japan.com


Koenig & Bauerについて

 Koenig & Bauerはヴュルツブルク(ドイツ)に拠点を置く、世界的な印刷機メーカーです。主にパッケージングの分野で、印刷機および後加工機、ソフトウェアソリューションを製造しています。 Koenig & Bauerが提供するシステムは、紙幣、ボール紙、段ボール、フィルム、金属およびガラスのパッケージ、書籍、ディスプレイ、ラベル、装飾、雑誌、広告、新聞など、ほぼすべての素材に印刷することができます。 Koenig & Bauerは、200年以上の歴史を持つ世界最古の印刷機メーカーであり、今日ではほとんどすべての印刷方式に対応しています。 グループ全体で約5,400人の従業員を擁し、ヨーロッパの10ヶ所で生産を行い、世界規模の販売およびサービスネットワークを構築しています。 2021年には11億1600万ユーロの売上高を記録しています。

閲覧数:35回

Comments


bottom of page