top of page

パフォーマンス分析でPrint 4.0のビジョンを実現する

ケーニッヒ・アンド・バウアーのビジネス・インテリジェンス・ソフトウェア

  • 未開拓の可能性を見出すビッグデータ管理

  • 体系的なデータの可視化と分析により、装置全体の効率性(OEE)を評価することができます。

  • 投資判断の確実性


設定可能なKPIとトレンド分析が一目でわかる

2022年11月5日 ラーデボイル プリント4.0の基本は、大量のデジタルデータ(できればリアルタイムで)を収集、処理、分析、解釈する能力であるビジネスインテリジェンス(BI)は、印刷会社がデータのジャングルに光を当てるための迅速かつ簡単な方法です。


BIツール「パフォーマンス・アナリティクス」を使えば、大規模で複雑なデータセットも、わずか数秒で情報量の多いレポートやダッシュボードに変換することができます。これにより、ユーザーは制作データのコンテンツ価値を完全に引き出し、会社全体でデータドリブン型の俊敏な意思決定プロセスを確立することができます。


廃棄シートの割合に応じたジョブの仕分け

生産データの巧みな活用

インダストリー4.0技術の進展により、企業はこれまで以上に多くの生産データを自由に利用できるようになりました。この膨大な情報(ビッグデータ)を分析することで、印刷会社は生産効率を向上させるための新しい機会を得ることができます。日々収集されるデータは、1台あたり10,000以上のログファイルに及び、これらは柔軟な自己分析の基礎として、決定的な競争優位性を確保するのに役立ちます。


このような分析から、いわゆるマイクロストッピング(例えば、紙の移動の問題による短時間の生産中断)は、生産におけるパフォーマンス損失の約半分を占めていることがわかります。これはリソースを大きく浪費し、非生産的な活動につながる重大な解決すべき問題であり、それに対応する正しい解決策を必要とします。


「パフォーマンス・アナリティクスは、ケーニッヒ&バウアーのユーザーをサポートするために、収集した機械と生産データの包括的な分析と、その結果を明確に構造化した情報表示で構成されています。これにより、隠されたパターンや情報が明らかになり、予防的な決定が可能となり、プロセスが最適化され、製品が顧客の特定のニーズをより良く満たすことができるようになります。


準備時間の長いジョブの概要を即座に把握

リアルタイムで柔軟なデータ分析が可能

「パフォーマンス・アナリティクスは、生産時間、数量、リソースなど、収集したデータをわかりやすく配置したダッシュボードで即座に可視化することが可能です。豊富な対話型フィルター機能により、さまざまなユーザーの視点からデータを迅速に分析し、十分な情報に基づいた意思決定プロセスの基礎とすることができます。データはクラウド上に保存され、全部門で共有利用できるため(クラウドデータ共有)、印刷会社における意思決定プロセスを大幅に加速させることができます。


未開拓の可能性を解き放つ

印刷会社は、数回クリックするだけで、生産プロセスのどこに未開発の可能性があるのか、貴重な洞察を得ることができます。「パフォーマンス・アナリティクスは、迅速かつ体系的なプロセス最適化の基礎として、印刷生産における問題の原因と傾向の出現をリアルタイムで特定・評価することが可能です。


詳細なステータス分析、トレンド分析、エラー分析に加え、継続的なベンチマークにより、異なるマシン、顧客ジョブ、生産消耗品間のパフォーマンス比較が可能になります。これにより、ユーザー自身の能力を即座に評価し、欠点やその原因を早期に特定し、競争力を高めることができます。


ケーニッヒ&バウアーは、ビッグデータとパフォーマンスアナリティクスにより、ユーザーが印刷業界のデジタル変革を進め、Print 4.0というビジョンを実現できるよう支援しています。


詳しくは: https://www.koenig-bauer.com/en/service/sheetfed/productivity-service-complete/workflow-solutions/performance-analytics/

本件に関するお問い合わせ先

Koenig & Bauer JP株式会社

TEL 03-5623-3004 FAX 03-5623-3006  

E-Mailでのお問い合わせは  info-japan@koenig-bauer.com まで

Koenig & Bauerについて

 Koenig & Bauerはヴュルツブルク(ドイツ)に拠点を置く、世界的な印刷機メーカーです。主にパッケージングの分野で、印刷機および後加工機、ソフトウェアソリューションを製造しています。 Koenig & Bauerが提供するシステムは、紙幣、ボール紙、段ボール、フィルム、金属およびガラスのパッケージ、書籍、ディスプレイ、ラベル、装飾、雑誌、広告、新聞など、ほぼすべての素材に印刷することができます。 Koenig & Bauerは、200年以上の歴史を持つ世界最古の印刷機メーカーであり、今日ではほとんどすべての印刷方式に対応しています。 グループ全体で約5,400人の従業員を擁し、ヨーロッパの10ヶ所で生産を行い、世界規模の販売およびサービスネットワークを構築しています。 2021年には11億1600万ユーロの売上高を記録しています。

閲覧数:1回
bottom of page