top of page

ケーニッヒ&バウアーデジタル&ウェブフェッドの新しいセールス責任者

フィリップ・ツィンマーマンは、8月よりオフセット輪転機とデジタル輪転機のグローバルセールスを担当

  • 高性能デジタル印刷機「RotaJET」に注目

  • 商業印刷、新聞印刷における取引関係の集約化

  • 特殊機械のエンジニアリング経験


フィリップ・ツィンマーマン(37歳)は、ケーニッヒ・アンド・バウアー社のデジタル&ウェブフィード部門の営業担当副社長として、全世界の営業活動を統括しています。

2022年8月26日 ビュルツブルグ フィリップ・ツィンマーマンは、2022年8月1日付でケーニッヒ・アンド・バウアー・デジタル&ウェブフェッドのオフセット輪転機およびデジタル印刷機のグローバルセールスの責任者に就任しました。 販売担当副社長としての彼がフォーカスする仕事の一つは、パッケージング、装飾、書籍印刷の各セグメントにおける高性能デジタル印刷機RotaJETの市場での存在感を継続的に拡大することです。特殊機械エンジニアリングの分野でのこれまでの経験とノウハウが、この役割に活かされるでしょう。同時に、フィリップ・ツィンマーマンは、商業印刷や新聞印刷業者との緊密なビジネス関係をさらに強固なものにすることを計画しています。


フィリップ・ツィンマーマンは、過去10年間、プラスチック産業向け機械の大手メーカーであるクラウスマッファイ・テクノロジーに勤務していました。アジア地域のエリアセールスマネージャーとして入社し、2014年に反応プロセス機械の合成繊維および表面技術のプロダクト&セールスマネージャーに就任しました。


2018年には、軽量構造およびハイエンド表面技術用の特殊機械や、ポリウレタンなどの反応材料を用いた工業部品製造用のプロセスおよびシステムソリューションを製造するビジネスユニットの責任者に就任しました。そして過去2年間、フィリップ・ツィンマーマンは反応プロセス機械のグローバルセールスを担当し、この間、担当セグメントで大幅な市場成長を達成しました。

ケーニッヒ・アンド・バウアーのデジタル&ウェブフェッドビジネスユニットのセールス担当副社長であったステファン・セガーは、今後、同社にとって重要な分野であるウェブフェッドデジタル印刷に全面的に注力する予定です。

本件に関するお問い合わせ先

Koenig & Bauer JP株式会社

TEL 03-5623-3004 FAX 03-5623-3006  

E-Mailでのお問い合わせは  info-japan@koenig-bauer.com まで

Koenig & Bauerについて

 Koenig & Bauerはヴュルツブルク(ドイツ)に拠点を置く、世界的な印刷機メーカーです。主にパッケージングの分野で、印刷機および後加工機、ソフトウェアソリューションを製造しています。 Koenig & Bauerが提供するシステムは、紙幣、ボール紙、段ボール、フィルム、金属およびガラスのパッケージ、書籍、ディスプレイ、ラベル、装飾、雑誌、広告、新聞など、ほぼすべての素材に印刷することができます。 Koenig & Bauerは、200年以上の歴史を持つ世界最古の印刷機メーカーであり、今日ではほとんどすべての印刷方式に対応しています。 グループ全体で約5,400人の従業員を擁し、ヨーロッパの10ヶ所で生産を行い、世界規模の販売およびサービスネットワークを構築しています。 2021年には11億1600万ユーロの売上高を記録しています。

閲覧数:5回
bottom of page