top of page

ケーニッヒ&バウアー、プリント・チャイナで成功を収める

ライブプレゼンテーションと初日から賑わう会場ブース

  • Rapida 145は、来場者の関心の中心となっています。

  • 倍判クラス・菊全クラスの印刷機を順調に受注

  • 展示されたRapida 145はGuangdong Runliang Intelligent Packagingへ納入

Rapida 145のライブプレゼンテーションが、Print Chinaのトレードビジターを魅了しました。


2023年4月14日  ラーデボイル


ケーニッヒ&バウアーは、4月11日から広東省で開催された第5回中国国際印刷技術展(Print China 2023)で、1,000 m 2 を超える会場スペースで来場者をお迎えしています。モダンで開放的、かつ広々としたデザインのこのブースは、展示会の主役のひとつであり、初日から多くの来場者を魅了しています。このフェアで唯一展示されている大型オフセット枚葉印刷機Rapida 145(A倍判)による印刷実演は、来場のお客様にとって素晴らしいハイライトのひとつとなっています。また、パッケージ向けデジタル枚葉オフセット印刷機「VariJET 106」で印刷したサンプルを展示するなど、デジタル印刷の総合的なソリューションを紹介し、注目を集めています。


初日から、大手印刷会社数社との間で、倍判クラス・菊全クラスの新型オフセット枚葉印刷機

「Rapida」の契約締結が順調に行われました。



【写真】ケーニッヒ&バウアー、プリント・チャイナに参加:興味深いプリントサンプルと技術が多 数展示されました。

パッケージ分野で高い人気を誇る倍判枚葉オフセット

中国の首都北京で最も重要なパッケージングソリューションのサプライヤーの1つであるBaodao Packing Printing社は、6つの印刷ユニットとインラインコーティング設備を備えたRapida 145-6+Lを発注し、この地域で最大かつ最高の設備を備えた印刷機になることが決定しました。同社社長の饒建平氏は特に喜んでいます:「Rapida 145の高度な自動化により、人件費を節約できると同時に、品質と効率の面で生産需要にさらに対応できるようになります"


メインステージに展示されている、インラインコーターと延長デリバリーを備えた5色機Rapida 145-5+Lは、広東省Runliang Intelligent Packagingに納入されるものです。同社は、2021年からインラインコーティング機能を備えた6色機のRapida 164-6を所有しています。この新しい印刷機により、高品質なパッケージングの生産能力をさらに拡大することができます。


【写真】大型フォーマットへの進出する東莞利吉紙業は、フェアの開始と同時に、5つのユニットと コーティング設備を備えたRapida 145を発注

東莞Lijie Paperは、2020年から菊全クラスのRapidaで印刷を行ってきました。同社は現在、大型機を取り入れ、活動の幅を広げると同時に、菊全クラスの生産能力の拡大も準備しています。今回、5つの印刷ユニットとコーティング設備を備えたRapida 145-5+Lと、インラインコーターと延長デリバリーを備えた7色機のRapida 105-7+Lの契約が結ばれました。東莞力鋭は、この2台の新型印刷機による生産能力の強化により、広く国際市場に参入することが可能となります。


Rapida 105で成長軌道に乗る

菊全クラス印刷機の中でも、特にRapida 105は、中国の印刷会社の間で非常に人気があります。フェアの初日には、数多くの興味深いセールスが記録されました:


Jiaxing Baisilande Packagingは、Rapida 105の5色機を発注しました。同社は、高品質の紙パッケージやラベルを中心とした印刷・パッケージングソリューションのハイテク・ワンストップ・スペシャリストとして、2020年初頭からケーニッヒ&バウアーの菊全機を使用しています。国内および国際的なビジネスの急成長と、高い品質と効率性の絶え間ない追求を考えると、個別にカスタマイズされたRapida 105の発注は、論理的なステップと言えるでしょう。


【写真】广东粤安印刷科技有限公司は、高品質の紙器やその他のパッケージの生産にRapida 105を採 用

Rapida105シリーズは广东粤安印刷科技有限公司(以下、粤安印刷)にも納入されます。インライン

コーターと延長デリバリーを備えたこの6色機は、高品質のフォールディングカートンやその他のパ

ッケージの印刷に使用される予定です。


ケーニッヒ&バウアーは、週末の閉幕までにさらなるプレス受注を見込んでおり、多くの業界関係者

の皆様のご来場をお待ちしています。






本件に関するお問い合わせ先

Koenig & Bauer JP株式会社

TEL 03-5623-3004 FAX 03-5623-3006  E-Mail info@kba-japan.com


Koenig & Bauerについて

 Koenig & Bauerはヴュルツブルク(ドイツ)に拠点を置く、世界的な印刷機メーカーです。主にパッケージングの分野で、印刷機および後加工機、ソフトウェアソリューションを製造しています。

Koenig & Bauerが提供するシステムは、紙幣、ボール紙、段ボール、フィルム、金属およびガラスのパッケージ、書籍、ディスプレイ、ラベル、装飾、雑誌、広告、新聞など、ほぼすべての素材に印刷することができます。 Koenig & Bauerは、200年以上の歴史を持つ世界最古の印刷機メーカーであり、今日ではほとんどすべての印刷方式に対応しています。 グループ全体で約5,400人の従業員を擁し、ヨーロッパの10ヶ所で生産を行い、世界規模の販売およびサービスネットワークを構築しています。2021年には11億1600万ユーロの売上高を記録しています。

閲覧数:170回0件のコメント

Comments


bottom of page