top of page

ケーニッヒ・アンド・バウアー社、成長する段ボール市場での存在感を強化

ケーニッヒ・アンド・バウアーがセルマッチ・グループS.r.l.の株式の49%を取得。

  • 成長するパッケージング市場に焦点を当て、特に段ボール業界向けのハイボードライン・フレキソ印刷機とロータリーダイカッターに力を入れています。

  • 独自の共同製品ポートフォリオにより、将来的には同市場のあらゆる価格帯・性能のクラスをカバー

  • 製品ポートフォリオの共同開発に基づくイノベーションの可能性

  • グローバルな販売・サービス網の共有化拡大

  • セルマッチ社は今後、ケーニッヒ・アンド・バウアー・セルマッチ社の社名で事業を展開する予定です

ケーニッヒ・アンド・バウアーが49%の株式を取得した後、セルマッチはケーニッヒ・アンド・バウアー・セルマッチという名称で運営されます。


2022年7月22日 ビュルツブルグ  業界で最も幅広い製品ポートフォリオを持つ印刷機メーカーであるケーニッヒ・アンド・バウアー社と、段ボール業界向けハイボードラインフレキソ印刷機およびロータリーダイカッターの主要メーカーの一つであるセルマッチグループS.r.l.は、成長市場の段ボール市場で開発およびマーケティング活動を共同で行う契約を締結しました。ケーニッヒ・アンド・バウアーのDNAである製品ポートフォリオ戦略は、今回の契約締結によりさらに進化します。なお、セルマッチ社は今後、ケーニッヒ・アンド・バウアー・セルマッチ S.r.l.という社名で事業を展開していきます。


段ボール、それは魅力的なパッケージング市場のマルチタレント

段ボールは、さまざまな包装商品に無類の汎用性を発揮し、市場全体の中で金額ベースでの最大のシェアを占めています。従来の段ボール箱と並んで、さまざまな形態の二次・三次包装は、包装業界にとって重要な分野です。そして、その重要性は電子商取引によってますます高まっています。さらに、段ボールは店頭で人目を引く広告媒体でもあります。同時に、環境にやさしく、廃棄が簡単で、平均80%のリサイクル率を誇る模範的な循環型製品でもあるのです。ケーニッヒ・アンド・バウアーのCEOであるアンドレアス・プレスケ博士は、次のように強調しています。段ボールは、欧州のグリーン・ディールをはじめとするパッケージング業界の持続可能性への要求の高まりと合致しており、当社の「印刷を超えて(Exceeding Print)」戦略を表現するものでもあります」。


セルマッチ社は、ケーニッヒ&バウアーも補完的なCorruCUTとCorruFLEXプレスで対応している段ボールの成長市場で40年以上の経験を持っています。特に2019年以降、セルマッチ社は、厳しい技術的要求を満たすハイボードラインフレキソ印刷機およびロータリーダイカッターの開発・製造業者として優れた地位を築いており、すでに地元市場を中心に、数多くの大手国際パッケージングメーカーに供給しています。


セルマッチ社のジェネラルマネージャーであるルカ・チェロッティ氏は、次のように付け加えます。「ケーニッヒ&バウアーは、長期的な協力関係を築くためのパートナーを求めていました。ケーニッヒ&バウアーの製品群は、当社のさらなる成長にとって理想的な位置を占めています。ケーニッヒ&バウアーは、2,000人以上のスタッフを擁する世界的な販売・サービス網を提供してくれます。この統合により、私たちはより国際的な、したがって拡張性のある市場でのプレゼンスを確立することができるようになります。創業者一族として、新しいパートナーとともにこの道を積極的に切り開き、デセンツァーノ・デル・ガルダの工場の生産能力をさらに高めていきたいと考えています。"


段ボール業界向けフレキソ印刷機のユニークなポートフォリオ

セルマッチ社のクロマ Evoシリーズは、モジュール式ロータリーダイカッターとフレキソ印刷機の世界に参入するための競争力のある出発点であり、クロマ High Techモデルは高度な自動化の要求を満たしています。ケーニッヒ・アンド・バウアーのCorruCUTとCorruFLEXは、ダイカット段ボール箱と印刷段ボールシートの生産において高い性能を発揮し、自動化と性能の面で業界標準となるはずです。今後は、各機種を「クロマ」という共通の製品名で統一していく予定で、これにより、ケーニッヒ&バウアー・セルマッチ社は、すべての価格と性能のクラスをカバーする印刷機を持つ唯一のサプライヤーとなる予定です。


ケーニッヒ&バウアーの取締役であるクリストフ・ミュラーは、「当社は、段ボールへのダイレクト後印刷の市場に参入することができました。セルマッチとのパートナーシップにより、この分野でイノベーションを起こし続け、市場での地位をさらに高めることができます」と述べています。


ケーニッヒ・アンド・バウアーのCFOであるスティーブン・キンミック博士は、次のように説明しています。「ケーニッヒ・アンド・バウアーは、1990年代初頭から、成長するパッケージング市場において、企業買収により強い存在感を示してきました。ケーニッヒ・アンド・バウアーは、1990年初頭から、成長著しいパッケージング市場を買収することで確固たる地位を築いてきました。両社は、専門性の面で完璧に補完し合っていると確信しています。パートナーとしての我々の協力関係は、段ボール市場における我々の共同事業を成功させるための最良の前提条件となります。"


ケーニッヒ&バウアー・セルマッチ社のオフィスと約50名の従業員は、イタリアのデセンツァーノに残ります。セルマッチグループは財務的に健全な企業であり、2019年の製品リニューアル以降、売上高を約2,000万ユーロに伸ばしました。提携の第一段階として、共同販売とサービス活動、さらなる製品開発、同社の組み立て能力の拡大に重点を置きます。ケーニッヒ&バウアーは、セルマッチグループ S.r.l.の株式を当初の49%から順次増加させるオプションを確保しています。

本件に関するお問い合わせ先

Koenig & Bauer JP株式会社

TEL 03-5623-3004 FAX 03-5623-3006  

E-Mailでのお問い合わせは  info-japan@koenig-bauer.com まで

Koenig & Bauerについて

 Koenig & Bauerはヴュルツブルク(ドイツ)に拠点を置く、世界的な印刷機メーカーです。主にパッケージングの分野で、印刷機および後加工機、ソフトウェアソリューションを製造しています。 Koenig & Bauerが提供するシステムは、紙幣、ボール紙、段ボール、フィルム、金属およびガラスのパッケージ、書籍、ディスプレイ、ラベル、装飾、雑誌、広告、新聞など、ほぼすべての素材に印刷することができます。 Koenig & Bauerは、200年以上の歴史を持つ世界最古の印刷機メーカーであり、今日ではほとんどすべての印刷方式に対応しています。 グループ全体で約5,400人の従業員を擁し、ヨーロッパの10ヶ所で生産を行い、世界規模の販売およびサービスネットワークを構築しています。 2021年には11億1600万ユーロの売上高を記録しています。

閲覧数:2回
bottom of page